歌舞伎町の魅力・トー横界隈の現状【欲望の街|夜の街】

紹介ブログ

日本には【夜の街・繁華街】と呼ばれる地域がいくつもある。

【北海道・すすきの】【東京・六本木】【大阪・北新地】【福岡・中洲】など各都道府県には様々な土地、文化にあった繁華街が創造されている。

その中でも今回はトリリオンゲームでも話題になった歌舞伎町について記載する。そして歌舞伎町の現在と日本社会を照らし合わせた内容もまとめていく

歌舞伎町について

歌舞伎町は東京都新宿区に位置する。飲食店・遊技施設・映画館などが集中する日本最大の歓楽街である。札幌すすきの福岡中洲と並んで「日本三大歓楽街」と称される[6]

明治通り(東)、靖国通り(南)、JR中央線(西)、職安通り(北)に囲まれた範囲(ただし花園神社の敷地とその南北の一画は除く)に位置する街である。鉄道の場合、新宿駅(JR他各線)東口、あるいは西武新宿駅が最寄り。都営地下鉄大江戸線の場合は新宿西口駅東新宿駅が近い。歌舞伎町一番街(劇場通り)、中央通り(セントラルロード)、さくら通り、西武新宿通り、東通り、区役所通りなどがある。西武新宿駅で降りれば目の前が歌舞伎町になる。

街の中には漫画喫茶ネットカフェ、飲食店・居酒屋キャバクラホストクラブガールズバーラブホテル風俗店パチンコ店などが立ち並んでいる。「眠らない街」と呼ばれ、深夜になってもネオンで明るく人通りや客引きも多い。ドン・キホーテ前、セントラルロードに多いスカウトやホストによるキャッチ、怪しげな客引きポン引きなど、合法、非合法取り混ぜて歌舞伎町独特の猥雑な雰囲気があり、「東洋一の歓楽街」とも呼ばれている。飲み屋街として有名な新宿ゴールデン街や、新宿区役所も歌舞伎町内に位置している。

歌舞伎町には一丁目と二丁目があり、概ね花道通りを境にした南と西武新宿駅周辺の一画が歌舞伎町一丁目、北が歌舞伎町二丁目である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%8C%E8%88%9E%E4%BC%8E%E7%94%BA

Wikipediaにも記載がある通り日本最大級の歓楽街である。歓楽街と呼ばれるには等しい、キャバクラ、ホストクラブ、ガールズバー・風俗店が多く立ち並ぶ地域でもある。

利用者の年代も幅広く著名人も多くこの街を利用している。

もちろんお酒にまつわる娯楽だけが発展しているわけではなくゲームセンター・映画館なども多く立ち並びお酒目的でない遊びも充実しているところが、この町の多様性を育んでいる要因となっている。

歌舞伎町の全盛期

実際、歌舞伎町の全盛期はどうだったろうか。

まとめ記事によると約25年前1990年代が全盛期のようだ。

当時は現在のように小学生でも簡単に遊びに行けるような地域ではなく、より混沌とした世界が広がっていた様子の記事が多くまとめられていました。

あらゆる魚が住む濁った水のような場所「歌舞伎町」

https://gentosha-go.com/articles/-/28604

約2000人の構成員がいた25年前の歌舞伎町、ヤクザ全盛期時代の写真にかまいたち「ウソみたい」

https://times.abema.tv/articles/-/10071328

現在の歌舞伎町

現在の歌舞伎町は外国人投資家が台頭し、物件価格が上昇しているようだ。※下記詳細コラム

1992(平成4)年に暴力団対策法が施行されてからは、徐々にヤクザは鳴りを潜めていき、警察の監視の下、簡単には事務所を開けなくなりました。また2004(平成16)年には石原慎太郎東京都知事(当時)による「歌舞伎町浄化作戦」と呼ばれる大規模な改革により、濁っていた歌舞伎町の水は透明度が高くなっていったのです。

https://gentosha-go.com/articles/-/28604

歌舞伎町は1990年代とは大きく変化し、世界一安全な繁華街と働く人にも思われるような街に変貌した。

現在では路上で喧嘩することなども最近では見ることがほとんどなくなったなど言われるようになった。もちろん要因としてSNSの普及なども大きく関与していると考えられるが、以下のような要因もあると思われる。

警察も防犯カメラの効果を認め、現在ではカメラを5台増やし、さらに高性能なものに切り替え、歌舞伎町1丁目での死角をなくした。そして歌舞伎町に倣って、各地の繁華街で防犯カメラが設置されるようになった。

警視庁のHPによると、街頭防犯カメラシステム整備地区の刑法犯認知件数は、カメラ設置の2002年から2018年の間で、約半数になっている。私の肌感覚でも路上の喧嘩などを見ることは最近ほとんどなくなった。そして歌舞伎町の真ん中に位置する歌舞伎町交番には、警察官が毎日24時間、4交代制で8人いる。歌舞伎町で110番すれば5分も掛からず警察官が来てくれる。24時間態勢で歌舞伎町内をパトロールしている警察官も目にする。

「共生はしないが共存はする」防犯カメラ、そして警察、そういった公的な抑止力がある上で、さらに歌舞伎町には私的な抑止力もある。それは衆人環視、人の目だ。

歌舞伎町の路上では前後10メートル、誰の目にも触れられない場所はない。24時間どこでも必ず人がいる。必ず誰かが見ている。そして見られているのだ

https://president.jp/articles/-/41344?page=2

このように警察のパトロールも頻繁に行われていることも治安維持に関わっているが、公衆の目で他の誰かが見ているということが大きな抑止力になっていると思われる。

それは他のテナントスタッフやオーナー、観光客など人が人を監視する日本人らしい治安の維持の仕方考えられる。

しかしそんな治安維持がされていく中新たな問題に全国各地で拡散されている問題が生まれている。それがトー横界隈である

トー横界隈と歌舞伎町

トー横界隈とは、

そもそも「トー横」とは何のことを指すのでしょうか?
東京・新宿歌舞伎町に映画館が入っている新宿TOHOビルが建っています。
新宿TOHOビルの東側の路地や周辺が、いわゆる「トー横界隈」と呼ばれています。
そして、そこに集まっている若者たちのことを「トー横キッズ」と呼びます。

キッズと呼ぶのは、トー横に集まるのは10代の若者たちが多く、中には高校生や中学生もいるためです。
トー横に集まって、おしゃべりをしたり、動画や自撮りを撮ったり、お酒を飲んで騒いだりする。
その行動が行き過ぎて、ときには急性アルコール中毒や薬物によるオーバードーズを起こす若者もいます。

https://hanataba2020.com/portal/?p=412#:~:text=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%BB%E6%96%B0%E5%AE%BF%E6%AD%8C%E8%88%9E%E4%BC%8E%E7%94%BA%E3%81%AB%E6%98%A0%E7%94%BB%E9%A4%A8%E3%81%8C%E5%85%A5%E3%81%A3%E3%81%A6,%E4%B8%AD%E5%AD%A6%E7%94%9F%E3%82%82%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82

なぜこのようなことが起きてしまうのか、それは現状集まっている人々は居場所がないということが大きな問題にあります。

学校、社会、家庭どこにも居場所がない、しかしやっていることは仲間同士で酒を飲みファッションを共有して写真を撮っていたりする。一般的な若者の普遍的な生活と変わりないことです。

しかし一般と呼ばれる社会では生きづらさを感じ集まっている、そして同じ悩み・闇を持つ仲間と心を共有して安心を得ている。

彼、彼女達からしたら一番落ち着く場所を腫物扱いされることに対して嫌悪感を大きく持っているかもしれません。

課題解決の糸口を見つけることができればこのような言葉ではなくもっと適正なやり方で仲間と集まることができる解決策があるかもしれません。

解決すべき課題

このような人々の中にある闇はほとんどが幼少期の愛情欠損によるものが大きいです。それは家庭だけではなく、学校、社会すべてにおいての愛情欠損です。

その中でも一番の要因は家庭での愛情欠損が響いています。

ネグレクト・DV・家庭内でのいじめ(兄弟からのいじめ)また行き過ぎた愛情による過干渉などが含まれます。家庭という唯一内側出すことができる環境を壊されると簡単に人は壊れていきやすいのでここの解決ができればトー横などの問題も解決できると考えられる。

  • オウルXYZ(オウリーズ)
    新宿(トー横・歌舞伎町)の防犯ボランティア団体
    【主な活動】子供からの相談にのる・親からの相談に乗る・清掃・炊き出し活動について

このようなサービスを一度使ってみることで新たな価値観など感じることができると思う。
一部に依存するだけでなく多くの情報を得てより良い人生を歩んでいってほしい。

まとめ

歌舞伎町は昔から日本の最大の繁華街として栄えてきたが、このように今は傷ついた若者の憩いの場にもなっている。それは良い憩いの場ではなく薬物なども蔓延してしまうような場所だ。
決して良いとは言えない環境で一人一人自分事として自覚する必要がある。

それを自覚するには人が子を産むときそれほど子供に適切な愛情と環境を与えられるか常に考え計画して出産・育児をすることを肝に銘じれば今後消滅していくことができる。

他所の問題も考え方によっては意外と身近な問題であったりもするので一人一人それぞれより良い幸せを得れるような環境づくりを身近な部分から私自身も活動していこうと思う。

そして東洋一の歓楽街としてより多様性を受け入れる街に発展していくことを望んでいる。

タイトルとURLをコピーしました