【書評】『「男の色気」のつくり方』|男性の人生を向上させる

紹介ブログ

人生うまくいかないなって思って仕事に繋がるスキルを勉強したり、転職して市場価値あげてみたり、起業してみたり新しいことを挑戦する人がいると思います。

でもまず「男の色気」足りてますか?

紹介する本はそのような皆さんが先天性のものでしょ?と思っている部分に切り込みを入れた本になります。

僕の簡単な感想は女性の「かわいい」は作れるなら男性の「かっこいい」は作れるって思いました。自分でできなかったことや、会話に対して意識しないといけないところは改善してよりかっこいい男を目指します。

『「男の色気」のつくり方』の概要

色気男とはーーーー

金を大量に使うわけでもない

むちゃくちゃイケメンというわけでもない

肩書きをいうわけでもない

それなのに

「それなのに遊ばれてもいいから腕を絡ませたい」

「ハグのついでにフレンチキスをしたい」

と女性が望む、「メスを引き寄せるオスの魅力」

持つ男の群れである!

「男の色気」のつくり方 – 潮凪洋介(しおなぎ・ようすけ)

その色男を私なりの解釈を含めながら一緒に研究していきましょう!

人生一度きり「オスとしての勝ち組になれ」オスとしての勝ち組とは?

まずオスとしての勝ち組とは?

男女の突発的な色恋沙汰アバンチュールは、「色気のある男」のところでしか起こらない。

「男の色気」のつくり方 – 潮凪洋介(しおなぎ・ようすけ)

これは男女の大人の関係もそうですが、仕事も同じでかっこいい男のところに質の良い仕事も女性もたくさん集まってきます。

なぜか・・・みな本能的に勘が働きその人を求めようとしているからである。

と解釈しています。

例えば、

「コーディネートが似合っていて見た目にも清潔感がありかっこいい人がホテルに誘ってくる場合」

「見た目も気にしない髪の毛も適当な人がホテルに誘ってくる場合」

どちらについていきますかという問いにほとんどの人が前者を選ぶと思います。

仮に肩書きが前者が年収200万で後者が年収1000万だとしてもそんな話をする前に短期的な勝負には後者が負けます。

それくらい雰囲気で判断されることが多く、女性だけでなく仕事でも雰囲気の良い担当者と男性も女性も話したいと思います。

雰囲気とはその人を決める第一印象と言っても過言ではないということですね。

「完璧」は女を遠ざける・・・その完璧とは?

まず完璧主義についてメリット・デメリットをまとめてみました。

メリットデメリット
高い目標を達成できる完璧主義に縛られて行動が遅くなる
質の高い仕事ができる失敗を恐れて挑戦しない
周囲からの信頼を得られるストレスや不安を感じやすい
達成感や充実感を得られる人間関係に支障をきたす
Google Bardから引用

メリットだけで聞くと「高い目標の達成」「質の高い仕事」などとても良さそうですが、

デメリットで「完璧主義に縛られて行動が遅くなる」「失敗を恐れて挑戦しない」「人間関係に支障をきたす」などの取り返しのつかないデメリットが大きいですね。

色気の強い男性の中に、前者の「比べ屋さん」はいない。

「男の色気」のつくり方 – 潮凪洋介(しおなぎ・ようすけ)

そもそも完璧主義とは誰かの例があり「あの人のようになれない」「あの作品と同じように作れない」という劣等感があると思っていて、

「完璧に作らなければ・・・」=「完全に真似なければ・・・」というそもそも他の人との比較が出てきます。

「他の人と比較している人」「自分らしく生きている人間」どちらが色気があるかと考えれ一目瞭然。

もし完璧を求めている人がある程度の収入と社会的地位を手に入れたとしても誰かと自分の比較をし、自慢ばかりをするまたその逆でも劣等感で話にならない状況になる。

「人生の楽しさの度合いを」を、ゆるやかに競い合う

「男の色気」のつくり方 – 潮凪洋介(しおなぎ・ようすけ)

自分のアイデンティティを自覚し別の次元で価値を見つけていきましょう。

今日から「これ」を変えてみよう・・・外見を変え中身を変える

自分を変えたい!でもそもそもどうやって色気のある男になるんですか!!

この本では読んですぐ変えれる色気のある男になる方法を紹介してくれています。その中でも一部をまとめて紹介します!

布切れたった2〜3枚の工夫で、あなたの魅力が何倍にも高まる

「男の色気」のつくり方 – 潮凪洋介(しおなぎ・ようすけ)

コーディネートで色気を作り出すということです。

Google Bardで調べてみた内容が以下のような内容になります。

色気のある男性のコーディネートには、いくつかのポイントがあります。

まず、サイズ感です。大きすぎる服や小さすぎる服は、どちらも色気を殺します。ジャストサイズの服を着ることで、体型をきれいに見せることができます。

次に、素材です。光沢感のある素材や、柔らかい素材は、色気を演出するのに効果的です。

最後に、色です。黒やネイビーなどのダークカラーは、色気を際立たせます。また、白やベージュなどの明るい色は、清潔感と爽やかさを演出することができます。

これらのポイントを押さえることで、色気のある男性コーディネートを完成させることができます。

具体的なコーディネート例としては、以下のようなものが考えられます。

  • 黒のTシャツに黒のジーンズ、黒の革靴
  • ネイビーのジャケットに白のシャツ、黒のジーンズ、黒の革靴
  • 白のシャツにベージュのチノパン、茶色の革靴

これらのコーディネートでは、サイズ感、素材、色の3つのポイントを押さえています。そのため、色気のある男性コーディネートになっています。

もちろん、これはあくまでも一例です。自分の体型や好みに合わせて、様々なコーディネートを試してみてください。

でも実際に写真で見ないと色気のあるファッションなんてわからないですよね。

そこで本書では雑誌をおすすめしていました。

雑誌も20代向けや40代向けなど様々なファッション雑誌がありますので、ぜひ参考にして色気のあるコーディネートを目指しましょう!

一番読んでほしい!!「こんな男には絶対なるな」

正直一番大事な部分かと感じました。購入したら一番熟読しましょう。

その中でも一番大事だと思った部分を引用して紹介いたしますね。

自慢する男は魅力がない。それどころか、場の空気を悪くするマナー違反を犯している

「男の色気」のつくり方 – 潮凪洋介(しおなぎ・ようすけ)

これは私自身無意識にして場が凍ってしまったことや、他の人のその話を聞いて冷たい空気感を感じたことがあります。

これに関しては私は意識してもう変えました。(変えたつもりです。。)学生の時と話せる内容がどんどん変わってきておりますので、話をしていい内容もどんどん精査していかないとなと考えています。

皆さんは話する時気をつけていますか?

このように場が凍る瞬間を無くすのは仕事をしていく中でも大事で、色気うんぬんの話人として嫌われる話の仕方などを無くしていくことが大事ですね。

自分の自慢話して人が寄ってくるなど勘違いしている人にはなりたくないし自分の周りにもいてほしくないですね。

イタイ人にならず、その場で話を楽しめる人を目指しましょう。

まとめ・感想

いかがでしたでしょうか?拙い文章もたくさんあったと思いますが、こちらの本は最近読んだ本の中で一番人間磨きをする本としていいなと思いました。

「男磨き」「人生の楽しみ方」「モラル」この三本がしっかり道筋として語られている本だと感じています。

私もアバンチュールが多かった時はやっていたなぁと思うこともたくさんあったので、大人になって抑圧されて出来なくなってたこともたくさんあったなと感じることもしばしば・・・

私も再度熟読して実践していきます!

良い人生を先人の知恵をお借りしながら、マインドセットしていきましょう!https://amzn.asia/d/3FFH32Y

タイトルとURLをコピーしました